読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラムの素

スマートフォンアプリ開発に携わっているペーペープログラマのブログです

AndroidAnnotationsについて

AnroidAnnotationsという便利なライブラリがあったので使い方等をメモ。

AndroidAnnotationsとはアノテーションを使用してコードのスリム化を行い見通しの良いコードを記載するためのライブラリです。

公式サイトはこちらです。

AndroidAnnotations

概要

AndroidAnnotationsではapt (Annotation Processing Tool)という仕組みを使用しています。

例えば@EActivityというアノテーションが付加されたActivityがあった場合、このActivityのクラス名の末尾にアンダースコアが付加されたサブクラスが生成されます。

例としては以下のような形になります。

package com.some.company;
@EActivity
public class MyActivity extends Activity {
  // ...
}

この場合、同じパッケージ名で別のソースフォルダ内にサブクラスが生成されます。

package com.some.company;
public final class MyActivity_ extends MyActivity {
  // ...
}

なので、AndroidManifest.xmlにはActivity名は以下のように記載します。

<activity android:name=".MyListActivity_" />

startActivityで呼び出す際は以下のように記載します。

startActivity(this, MyActivity_.class);

導入

AndroidStudioに導入する例を紹介したいと思います。

使用しているAndroidStudioのバージョンは1.1.0になります。

AndroidAnnotatiosを導入するために、build.gradleに記述していく必要があります。

参考はこちらです。

ProjectRoot/build.gradle

まずはプロジェクトディレクトリの直下にあるbuild.gradleに対して以下のように編集を行います。
以下はサンプルとなります。

buildscript {
    repositories {
        mavenCentral()
    }
    dependencies {
        // replace with the current version of the Android plugin
        classpath 'com.android.tools.build:gradle:1.1.0'
        // replace with the current version of the android-apt plugin
        classpath 'com.neenbedankt.gradle.plugins:android-apt:1.4'
    }
}

allprojects {
    repositories {
        mavenCentral()
    }
}

app/build.gradle

続いてappディレクトリ内にあるbuild.gradleのサンプルです。

apply plugin: 'com.android.application'
apply plugin: 'android-apt'
def AAVersion = 'XXX'

android {
    compileSdkVersion 21
    buildToolsVersion "21.1.2"

    defaultConfig {
        applicationId "com.myproject.package"
        minSdkVersion 14
        targetSdkVersion 21
        versionCode 1
        versionName "1.0"
    }
    buildTypes {
        release {
            minifyEnabled false
            proguardFiles getDefaultProguardFile('proguard-android.txt'), 'proguard-rules.pro'
        }
    }

    // This is only needed if you project structure doesn't fit the one found here
    // http://tools.android.com/tech-docs/new-build-system/user-guide#TOC-Project-Structure
    sourceSets {
        main {
            // manifest.srcFile 'src/main/AndroidManifest.xml'
            // java.srcDirs = ['src/main/java', 'build/generated/source/apt/${variant.dirName}']
            // resources.srcDirs = ['src/main/resources']
            // res.srcDirs = ['src/main/res']
            // assets.srcDirs = ['src/main/assets']
        }
    }
}

dependencies {
    compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
    compile 'com.android.support:appcompat-v7:21.0.3'

    apt "org.androidannotations:androidannotations:$AAVersion"
    compile "org.androidannotations:androidannotations-api:$AAVersion"
}

apt {
    arguments {
        androidManifestFile variant.outputs[0].processResources.manifestFile
        resourcePackageName 'com.myproject.package'

        // If you're using Android NBS flavors you should use the following line instead of hard-coded packageName
        // resourcePackageName android.defaultConfig.packageName

        // You can set optional annotation processing options here, like these commented options:
        // logLevel 'INFO'
        // logFile '/var/log/aa.log'
    }
}

利用可能なアノテーション

こちらに利用可能なアノテーションの一覧が記載されています。

結構な数のアノテーションが利用可能です。

さすがに全てを紹介するのは難しいので、上記のページから使用用途に合わせて調べてみてください。